吃音を治すには?どもりの原因とその克服法

吃音を治すには?どもりの原因とその克服法

吃音を治す方法とは?

【今まで何をしても治らなかった方、子供の吃音にオススメ】
          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  吃音改善方法

 

吃音は治るの?

吃音は先天性のものと後天性のものがあります。
どちらも原因がはっきりしない場合がありますが、後天的なものの場合、その多くがストレスなどと言われています。
実際に過度のストレスで吃音症が出てしまった例や、反対にストレスが少なくなって吃音が治った、改善されたという例も報告されています。
治らないと思われがちですが、正しい対策で大きく改善されると言われています。
ストレスをためないことも大事ですが、周囲もあまり吃音を指摘するような発言や指導は避けるべきとも言われています。
会話
ストレスがなく、会話できるような環境つくりも意識しましょう。

 

子供の吃音も増えている

 

吃音症になった、とあせりが出て治療をどのようにすると良いのかあわてたり、自分のお子さんに無理な難題を押し付けると症状はどんどん悪化してしまいます。
一番大切なのは、本人が話しやすい雰囲気と環境を与えることです。
家庭での場合は、小さいお子さんは自覚がないので、きつい言い方をしたり、もう1回と注意すると、言葉を発することが不快に思えて、言葉の少ない性格になってしまいます。
注意の仕方には、お子さんに負担にならないように、細心の注意をはらいましょう。
吃音は治らないと言われていますが、実際に克服することは可能です。
吃音は主に精神的な部分が大きく原因になるとされています。

 

精神的に吃音だと思いこむことでさらに悪化する場合もあるので注意が必要です。
吃音を治したいということであれば吃音を治す方法はいくつかあるのでそれらを実行してみましょう。

 

子どもが頑張って話そうとしているとき

お子さんが、何かを話そうとしているときは、ゆっくり待って内容を聞いてあげましょう。聞いてあげるというアプローチが大切です。
話そうとしている時に言葉で妨害したりしないで、うんうん、とうなずいてあげるだけでも子供は安心感が増すのです。
子供と話す時は大人も相手に合わせて、ゆっくり話してあげましょう。英語を覚えたての大人が外国人にバーッと早口ではなしかけられると、英語を話そうとがんばっても、言葉にうまく出せないものです。その気持ちになって対応してあげましょう。どもりの症状は、その時の心理に似ております。ゆっくりと会話を合わせ、返事もゆっくり話したり、工夫しましょう。
吃音の兆候が出ても、それは暖かい目で見て、丁寧に接し、楽しくコミュニケーションをとることで、気がつくと症状が気にならなくなっているものです。

 

 

どもりの症状が気になったら相談は?


最初は児童相談所がおすすめです。言語障害の専門医おすすめされる場合もありますが、まずは児童相談所の方に症状をお話されてみてください。多くのお子さんを過去にも対応しているので知識が豊富です。
小児科の専門医や保健所でも構いません。最初は自分よりも知識のある方に相談してみる事で、対応が変わってきます。治療は幼児期の早い段階が治りやすく、その時期を逃すと完治が遅れる場合があるからです。
吃音の治療は、心理的なものや、脳の働きの伝達不足と言われております。毎回同じようなタイミングで言葉がどもってしまい、何度も繰り返すことで脳にどもる話し方がインプットされてしまうのです。いわゆる、クセが話し方についているようなものです。そのクセを取り除くことで、スラスラ会話が楽しめるのです。
トレーニング方法をマスターすれば、自宅でもトレーニングを取り入れて早目の治療をおすすめいたします。
専門の方からのアドバイスが一番ですので、相談されてみてください。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ